様々なタイプのシステムトレードを駆使してNK225を攻略!

2016年8月8日(月)の結果

    

本日は、日中・夜間ともに大きく動かない面白味に欠ける相場で、収支の方もトントンで終了しています。

 

 

<システム考察>

現在、日中寄り引けシステムと夜間寄り引けシステムに関しては、コレのトレンド判定を活用していますが、もしかしたら順張り系のすべてのシステムも活用した方がいいのかとずっと思っていました。

 

あまりトレンド判定に依存させるのはどうかと思いますが、現行のシステムが固まった2016年3月から現在までのデータを使って検証をしてみたところ…

 

【日中】

<デフォルト成績>

成績…+4,350円

出動回数…228回

トレード単価…+44.4円

 

<トレンド判定で“損切”のみの成績>

成績…+4,510円

出動回数…118回

トレード単価…+98.0円

 

 

【夜間】

<デフォルト成績>

成績…▲730円

出動回数…110回

トレード単価…▲10.3円

 

<トレンド判定で“損切”のみの成績>

成績…+440円

出動回数…65回

トレード単価…+13.3円

 

以上のように、あきらかにトレンド判定を使った方が良いという結果に^^;

 

という訳で、8/10分のトレードより、順張り系6システム(IR・前場・後場・指値・前場指値・後場指値)は日中・夜間ともにトレンド判定をフィルターとして採用し、余った余力に関してはロットアップしていきたいと思います。

 

また、“オープニングトレード2”に関しても、トレンド判定が“損切”のみのトレードにしても問題なさそうだったので、同じように扱っていきます。

 

 

 

 

【本日の成績】

●日中寄り引けシステム
+40円

●日中オープニングトレード1
「売り」…▲20円(16520円→16540円)

●日中オープニングトレード2
「売り」…▲25円(16520円→16545円)

●日中IRブレイク
「買い」…+5円(16600円→16605円)

●夕方ギャップシステム
「買い」…+30円(16605円→16635円)

●夜間寄り引けシステム
+22円

●夜間指値システム
「買い」…▲55円(16670円→16615円)

●夜間ギャップシステム
「買い」…+10円(16615円→16625円)

 

合計…+7円

 

 

 

 

 

20150430追加